10年後は人口の10人に1人が認知症?〜認知症でも明るく生きるための基本の理解〜


認知症の人とその予備軍の人数は、2012年時点で約800万人もいると言われています。そして、認知症の人数は今後も増加を続け、2025年には1200万人を超えるとも言われています。認知症は高齢化が進む日本人にとって最も身近な病気の1つと言えるでしょう。

今回の記事では、誰にとっても人ごとでは済まない可能性がある認知症について、基本的な理解得るためのポイントをお届けします。

認知症とはどういった病気なのか

まず、認知症とは一体どういった病気なのでしょうか。その基礎的なところから理解していきましょう。

人間の身体や精神の活動は、脳によってコントロールされています。しかし、もし何かしらの要因で脳細胞が破壊された場合、脳はその機能を充分に発揮できず、身体や精神を上手くコントロールすることができません。このような状態が進み、独力で日常生活や社会生活を営めなくなってしまった状態を認知症と言います。これが認知症の定義になりますので、例えば物忘れがひどくなったとしても、本人の生活に支障がないようであれば、それは認知症ではありません。あくまでも「独力で生活を送れるか否か」がポイントになります。また、認知症はそれ自体が病気の名称というわけではありません。何かしらの理由によって脳の機能(認知機能)低下は起きていますが、そのような機能低下を起こした原因疾患は別にあり、日本人の認知症の場合は脳機能が阻害されるアルツハイマー病が最も多い原因疾患とされています。

なお、よくある一般的な物忘れを認知症とは誤認されやすいですが、両者は明確に異なります。簡単なイメージでは、今日の朝食に何を食べたか思い出せないのが物忘れ、そして、そもそも朝食をとったことも覚えていないのが認知症というふうに考えると良いでしょう。

全人口の10人に1人は認知症?

厚生労働省の2015年1月の発表によると、2012年の段階での認知症の人の人数は全国で462万人いるそうです。また、認知症の前段階とされる軽度認知障害の方の人数は全国で400万人と推計されており、合わせると800万人を超えてしまいます。そして、2016年現在から約10年後の2015年には、認知症の人は700万人、軽度認知障害の方は500万人と合わせて1200万人を超えると言われています。日本人の10人に1人は認知症か、その予備軍となってしまいます。

<参考>
「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)」について
認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン) ~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(本文pdf)

なぜ、2025年になるとこれほど認知症の人数が増えるのでしょうか。それは、日本社会の高齢化に理由があります。認知症は基本的に高齢になるほど発症リスクが高まり、例えば、65歳から69歳の方で認知症となる方の比率は、1.5%程度でしかありません。しかし、85歳以上では27%もの人が認知症になってしまうと言われています。このため、高齢化が今よりも進む2025年には、認知症の方の比率も増えてしまうのです。

認知症とつきあうために大切な「中核症状」と「周辺症状」の違い

認知症の症状は「中核症状」と「周辺症状」に分けられます。そして、この違いを理解することが、認知症と付き合っていく上でとても重要になります。

「中核症状」

中核症状というのは、認知症になると必ず起こる症状で、記憶の障害や場所・時間の認知不全、それに判断力や身体機能の低下低下になります。これが認知症の根本的な症状と言えるでしょう。

「周辺症状」

一方で、周辺症状は、中核症状に由来し起きる認知症の方の行動や心理の症状で、BPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)とも呼ばれます。具体的には、怒りっぽくなってしまうことや、幻覚や妄想の悪化、興奮や暴力行為、それに徘徊や突発行動などが挙げられます。

例えば、認知症の家族がいる場合の苦労として、認知症の家族が自分のことを忘れてしまっただけではなく、これまでの人格からは考えられないような暴言や暴力を発する場合があります。この場合は自分のことを忘れるのは「記憶障害=中核症状」であり、暴言や暴力は「周辺症状」に分類されます。また、朝に食事をしたことを忘れるのは認知症の中核症状ですが、朝食を食べられなかったと言って暴れ出すのは周辺症状になります。そして、ここからがポイントなのですが、これまでは周辺症状は中核症状に伴って起きるもの思われていました。しかし、最新の研究では周辺症状は必ず起こる症状ではなく、中核症状によって周囲との関係性や環境に変化が生じたことや、薬の影響など複数の要因が絡まって発生する症状だと言われているのです。

中核症状も多くの方が避けたいと思う症状ではありますが、絶対に予防をするための方法があるわけでもないので、なってしまえば仕方のない部分もあります。そして、認知症の方ご本人や家族など身近な方への負担が一番大きいのは、記憶障害などの中核症状ではなく、暴言や暴力、それに徘徊などの周辺症状ではないでしょうか。しかし、その周辺症状の部分は認知症になった人の過ごし方や治療方法、それに周囲の接し方によっては改善できる可能性があるのです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。
※運営者にのみメッセージを送りたい場合は、「管理者だけに表示」にチェックを入れてください。