入った方お得なの?〜がん保険を考える〜


長期的に健康的な生活を送る上で、「がん保険」は加入する必要があるのでしょうか。

実はがんの治療にかかる平均的な費用は、一般的に思われているほど高くはありません。しかし、公的保険制度が適用外の治療法を受けようとした場合、その治療費は非常に高額になります。
がん保険に加入するべきかどうかは個人の価値観や経済状況にもよるので一概には言えません。しかし、自分や家族が「がん保険」に加入すべきかどうかを検討するに際しては、判断するにあたっての一般的な正しい知識は持っておいた方が良いでしょう。

【参考】
がんの治療は意外と安い?それとも高い?

医療保険とがん保険の違い

そもそもがん保険とはどういった保険なのか、医療保険との違いはどうなっているのでしょうか。

まず、一般的な医療保険は入院時などに給付金(保険会社から支払われるお金)が支給される保険で、特に病気の制限はありません。がんも給付の対象に含まれます。
一方がん保険は、がんに罹患した時にのみ給付金が支給される保険です。

これだけ見ますと、医療保険にだけ加入していれば、がん保険は不要なように感じるかもしれません。しかし、がんの治療には、他の病気にはない特徴があるため、がん保険には存在意義があります。

例えば、日本は公的保険制度も発展しており、ほとんどの病気の治療費は公的保険でその多くを賄えます。本人負担は3割しかなく、高額療養費制度によりカバーされる部分もあります。*高額療養費制度を使った場合の負担例を記載。年収高いケースでOK。
しかし、がんの治療に関しては先進的な治療を受けようとした場合、公的保険制度の適用対象外の治療法しか選択肢がない場合があるのです。
さらに公的保険制度の対象外となる治療を受けた場合、混合診療禁止の原則によって、本来公的保険制度の対象となる部分まで対象外となってしまいます。

このように、がんの治療は自分が行いたい治療をしようとすると、場合によっては一度の治療で数百万円といった非常に高額の治療費がかかってしまうケースもあるのですが、がんの保険の中には公的保険対象外の治療を受けた場合の費用も特約によって補填してくれるものがあります。この辺りが一般的な医療保険との大きな違いと言えるでしょう。

また、近年のがんの治療トレンドは入院ではなく、在宅通院型です。それに対してほとんどの医療保険は入院した場合でないと給付金の対象となりません。これもがん保険であれば、自宅で療養する場合でも給付金の対象となる保険が多くあります。

月間治療費300万円以上の最新治療薬

がんに罹患した時に先進的な治療法を望む場合、その費用がいくらくらいかかるものなのか見てみましょう。

例えば、最近特に話題になった治療薬に、悪性黒色腫という皮膚がんや肺がんを対象に発売された「オプジーボ」(ニボルマブ)というがん免疫療法剤がありますが、この薬の薬価は100mg1瓶で72万9849円になります。
この薬は体重1kgにつき3mgを2週間間隔で投与しますので、体重70 kgほどの人であれば、1回の治療で約153万円、1月2回として月間306万円の治療費がかかってしまうことになります。

近年では薬剤の研究にかかる費用は高額化しており、今後も治療薬の高額化は続くと言われています。

いざという時、このような高額な治療を望むかどうかも、がん保険に加入するかどうかを判断するポイントとなるでしょう。

注意してみたい先進医療特約や所定の条件

先進治療特約は、実際にがん保険に加入を検討する場合はその適用条件にも注意をしてください。

どういった特約を選ぶのかにもよりますが、例えば抗がん剤の治療は公的保険の対象内のものしか認めないが、手術に関しては公的保険の対象外のものも特約による給付金の対象とするなど、支給条件が保険ごとに異なります。
また先進的な治療と言われる「疼痛緩和療法」などについても補償の対象としている特約もあります。

いざがんに罹患してしまった時、その治療方法を加入している保険の条件に合わせて変えていくというわけにもいきません。もちろん予算の問題はあるとしても、最大限効果の高い治療を望まれると思います。
がん保険の加入を検討する際には、自分はいざという時にどういったことを重視したいのかということや、治療に使える貯蓄がどの程度あるのかなども合わせて考えると良いでしょう。

古いがん保険の見直しは可能?

ところで既にがん保険に加入している方が保険の見直しを希望する場合ですが、見直しは可能です。
がんの治療は年々進化しており、十数年前に加入した保険では現状に合っていない可能性もあるので、気になる方は見直しを検討した方が良いでしょう。例えば、今のがん保険には、入院せず通院だけの治療でも給付金の対象となる保険が多くありますが、15年以上前の保険であればがんの治療は長期入院が一般的であったので、入院を給付の条件としているケースも多くあります。

ただ、がんの罹患履歴がない方も現在の健康状態によって新たながん保険の加入を断られる場合もありますので、今の保険を先走って解約したりしないよう注意して下さい。また、がん保険に加入後90日以内に罹患した場合は給付の対象外となるような保険も多く存在します。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。
※運営者にのみメッセージを送りたい場合は、「管理者だけに表示」にチェックを入れてください。