葬儀・埋葬の新常識、なぜ人はシンプルな埋葬を好むようになったのか


葬儀や埋葬は相続とも関連の深い事柄です。これまでの日本人の葬儀や埋葬は、多くの場合は伝統的な形式に則って行われてきました。しかし近年、以前のような伝統的な形式での葬儀や埋葬が廃れ始め、よりシンプルなものを希求する人が増えてきています。相続tokyoの読者の中にも、例えば父親や母親など家族の葬儀や埋葬のことで頭を悩ませることもあるかもしれません。

伝統や慣習というものには多くの場合、何かしらの社会的な背景や理由があって存在します。そうした諸条件が変化することで、旧来の伝統が廃れ新しい伝統が登場してきます。大切なことはそのような背景まで含めて理解をすることであり、そうすることでご自身やご家族にとってベストな形を模索することが可能になるのです。

今回は今の日本人の葬儀や埋葬にどのような変化が生じているのかについて、その背景も含めてお伝えしたいと思います。

葬儀や埋葬に起きている主な変化

現在の葬儀や埋葬の形式に起きている変化を一言で言うと簡素化と言えるでしょう。
例えばこれまでの伝統的な葬儀の形式は一般葬というものでした。この一般葬というのは「一般」という名前の割にはかなり大掛かりな葬式で、自宅や専用の施設を開放し新聞などにも訃報を載せて「一般参加者は誰が来ても良い」というオープな形式の葬儀です。しかし今はよほど社会的な立場のある人以外はこうした一般葬を行わず、家族葬と呼ばれる一般参加者のいない招待制の葬式が逆に一般的なものとなってきています。

また埋葬の形式も大きく変化してきており、これまでのような家族の中で祭祀承継者を決め、その人がお墓を所有し管理する1家1墓の形式が崩れ始めています。祭祀承継者を決めずにお寺に対して永大供養(家族が墓参りに行けない、あるいはいなくなってもお寺が管理を継続してくれる制度)を依頼する人が増えてきているのです。
またそれ以外にもそもそもお墓を持たず、納骨堂と言われるまるで集合住宅のように1つの建物に多くの方のご遺骨を埋葬する形式も増えてきました。以前は納骨堂形式ではお参りが行いづらいと選択肢から外される人も多かったのですが、近年では都内の本郷陵苑などを始めとして、まるでホテルのロビーのような遺族のためのお参りスペースを設けることで、人気を集めている納骨堂が誕生し始めています。
本郷陵苑(興安寺)

また、墓を持たないという意味では樹木葬や海への散骨といった自然葬の人気も年々高まってきています。それに極端な場合には火葬の際に燃焼温度を高温にし、そもそも遺骨を生じさせないようにする場合も増えてきました。

変化の背景と自分に合った葬儀・埋葬の選び方

このような葬儀や埋葬の形式変化は社会の変化と世代の変化の重なりが大きいと言われています。
まず社会の変化ですが、戦後高度経済成長を経る中で第2次世界大戦後の昭和25年には48.6%もあった第1次産業(農業・漁業・林業など)従事者比率は、現代では5%もありません。農業は家族だけで行える場合は稀で地域との緊密な連携を必要とするので、葬儀の形も家族葬ではなく一般葬であることが自然だったのです。
また日本企業の特徴と言われた終身雇用を前提とした家族的な親密性もバブル経済の崩壊やその後の不況の中で崩れていきました。かつての職場の同僚の方々にも気軽に来てもらうために一般葬を行うという需要も減少し続けています。

そてに第一次産業から、第二次産業や第三次産業への移行は土地に縛られてしか生きられなかった近代以前の前提を大きく覆しました。そのため檀家制度に代表されるようなお寺と家の結びつきも崩れていきます。
また戦前の相続の仕組みは家長制度と長子相続制が採用されており、長男が家の財産もお墓も次ぐのが一般的だったため、祭祀継承者も必然的に長男となりました。しかし今の相続は兄弟間の序列を設けない平等相続制です。そうしたことともあって親族内で墓の管理を背負う人が見つかりづらくなってきていることが、永大供養墓や散骨などにつながってきています。
また特に東京都の場合は地価が高いため、1家で1墓を所有することの金銭的な負担が大きく、もし1家1墓を実現したければ都心から離れた(さらに地元の駅からも離れた)お墓を購入しなければなりません。しかしお墓参りをする相続人世代も長寿命化の影響で高齢化しているため、そんな交通の便の悪いところは嫌がり、こうしたことが納骨堂の隆盛へとつながっているのです。

もちろん上記のような変化は近年すぐに起きたわけではありません。戦後のかなり早い段階(1970年代)には社会は大きく変わってきています。しかし、これまでは亡くなる人達の世代も相続財産を受け継ぎ喪主を務める世代も戦前生まれが中心でした。しかし今は亡くなる人達は戦前生まれの世代も多いものの、喪主を務める世代は戦後生まれの団塊の世代が中心です。こうした世代交代が近年急速に進んだため、葬儀や埋葬をめぐる動きは近年急速な変化を迎えているのです。

最後に自分たちにとって良い葬儀や埋葬とは何かですが、故人の思いを尊重しつつ、遺された家族の負担が少ないものが望ましいと思われます。
例えば一般葬か家族葬かという選択で言えば、故人が社会的つながりの大きい方だったのであれば、多少無理をしても一般葬にして縁のあった方々お見送りをした方が故人にも近親者にとっても良いでしょう。しかし埋葬の形式に関してはある程度故人の思いを尊重しつつも、事情が許さないのであれば永大供養や納骨堂などの形でも良いのではないでしょうか。

【関連記事】
いざという時に慌てない、臨終から葬儀までの流れと手続き、そして費用
簡素化していく日本人の葬儀と埋葬
【相続手続きの基本を学ぶ】相続発生後の流れと手続きについて
実家のお墓の管理、近くに引越し(改葬)させることはできるのか?
実家の相続〜地方出身で首都圏在住という方の相続で起こりがちな問題〜


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。
※運営者にのみメッセージを送りたい場合は、「管理者だけに表示」にチェックを入れてください。