城南五山や目黒に五反田、品川区の高級住宅街


伝統的な東京都内の高級住宅地にはパターンがあり、江戸時代に遡って大名屋敷や機物屋敷などの武家屋敷街だったエリアと、明治維新以降に東京の人口増加に合わせて住宅開発が進んだ際に高級住宅として開発が進んだエリアに分かれます。近年になって、都心にあった工場や倉庫の移転し、その跡地の再開発が行われ高級マンションが集中するエリアも誕生するようになりました。

今回ご紹介する品川区は城南エリア(=江戸城の南側)に属し、江戸時代は大名屋敷や旗本屋敷などが多かったことから昔ながらの高級住宅街が多くあるエリアです。また戦後多くの工場や倉庫などが建てられた地域でもあるのですが、そうした工場の移転に伴って跡地の再開発が進んだため、近代的な高級住宅地も存在します。
その詳細を見ていきましょう。
【関連記事】
等々力、成城、玉川田園調布、世田谷区の高級住宅地
広尾、松濤、南平台渋谷区の高級住宅地の成り立ち

品川区の概要や歴史

「品川」という名称はJRの品川駅の存在もあって馴染みが深い名称です。意外と知らない人も多いかもしれませんが、品川駅は品川区には含まれず港区にあります。また、目黒駅は目黒区に含まれず、品川区上大崎に含まれます。品川区内の主な駅は目黒駅、五反田駅、大崎駅、また大井町駅などになります。
この一帯は位置的に江戸城の南あることから城南(じょうなん)エリアと呼ばれており、他に城南エリアに含まれる目黒区や世田谷区、大田区などと同様に住宅地として人気があります。
区内の地形は台地と低地、埋立地に分かれますが、この内台地は蒸し暑い関東の中では比較的湿度も少なく気温も低めなため、江戸時代には大名屋敷や旗本屋敷が建ち並びました。
なお洋の東西を問わず、歴史的に高級住宅地は丘の上になります。古代ローマでも皇帝や大貴族、大富豪などの邸宅はパラティーノなどの丘の上に建てられ、庶民や奴隷は丘の麓や丘の間に住んでいたのです。

もともと品川の歴史は古く、それというのも区内を流れ現在も桜並木の存在が有名な目黒川が、奈良時代〜平安時代にかけてすでに交通網(運河)として利用されていた形跡があるからです。また江戸時代には五街道(東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道)の中でも最も交通量が多い東海道の第一宿場町としても栄えました。

そして明治維新以降は、旧大名屋敷などが維新志士や華族、富裕層の高級住宅地へと変貌を遂げていきます。また大崎駅前などかつては家電メーカーの工場が集中していたエリアは、工場が地方や海外へ移転して以降、再開発が進みマンションが立ち並ぶようになりました。

高級住宅街として有名な城南五山

より具体的な街ごとの特性を見ていきましょう。品川区では、特に城南五山と呼ばれる台地の高級住宅地が有名です。
城南五山とは、城南エリアにある5箇所の高台の総称で、「池田山」「御殿山」「島津山」「花房山」「八つ山」の5つにないます。このうち、八ツ山を除く4つが品川区内に存在します。城南五山はどこも江戸時代は由緒ある大名の屋敷や、大名家出身者の邸宅があった地域で、地名にも大名の名字などが反映されています。
品川区の代表的な高級住宅地と言えるでしょう。

池田山


池田山は現在の住所では、品川区東五反田の4丁目〜5丁目付近になります。もともと備前岡山藩の池田家の下屋敷が存在し、その縁で池田山と呼ばれています。五反田駅に近く交通の便も悪くないですが、駅周辺の喧噪から離れた閑静で落ち着いたエリアです。
なお同地区の名前の由来となった池田家下屋敷跡は奥庭部分が和風庭園(池田山公園)として残っており、皇后美智子さま生家跡地、ねむの木の庭も存在します。

御殿山


京急本線の北品川駅から新馬場駅にかけて、住所でいうと品川区北品川3~6丁目付近の高台を御殿山と言います。
以前は東京湾を見下ろすことも可能で、桜の名所としても有名でした。こちらは大名屋敷ではなく、徳川家が鷹狩りのために建立し「品川御殿」に因みます。そうした由緒ある土地ということもあって、明治期には多くの富裕層が住んでいました。
また、戦後には大手電機メーカーのソニーがこの地区に移転します。現在はさらに港区に移転してしまいましたが、本社跡地は商業施設のガーデンシティ品川御殿山や、高級マンションのプライムメゾン御殿山として再開発が行われました。

島津山


島津山は現在の品川区東五反田1・3丁目付近の高台で、五反田駅に非常に近いエリアです。
江戸時代には7万5000㎡という広大な仙台伊達藩の下屋敷がありました。しかし明治維新に伴い、長州と並ぶ最大勢力、旧鹿児島藩の藩主島津公爵が購入します。島津公爵はその土地に私邸として英国風洋館を建設し、多くの財界人の社交場となりました。ただ戦前から戦後にかけて経済難や、GHQによる政策などの影響もあって島津家は財政難に陥りその地を手放し、高級住宅として開発が進んでいきます。
なお旧島津邸はその土地の購入者の1つである清泉女子大学の敷地内に現存しています。

花房山


花房山は現在の品川区上大崎3丁目の高台付近に相当し、目黒駅のすぐ近くになります。圏内にはタイ王国の大使館などの存在し、閑静な良い住宅地です。
他の城南五山同様、江戸時代は大名屋敷が存在していました。そして明治から大正にかけて、外交官や日本赤十字社の社長などを歴任した花房子爵の別邸となり、それが花房山という名称につながります。

目黒駅に近いことから、めぐろさんま祭りなどの季節の催しも楽しめ、それでいで厳かな風格のある素晴らしい住宅地と言えるでしょう。


【関連記事】
ミシュランガイド東京2017掲載の5パビリオンホテル
ミシュランガイド東京2017年掲載三つ星店のご紹介
【2016年版】都内主要地域の路線価(北部編)
【2016年版】都内主要地域の路線価(南部編)
上昇する地価と減少する取引量には注意が必要?2016年第4半期不動産指数
上昇する商業地と下げ止まる住宅地、2017年公示地価発表


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。
※運営者にのみメッセージを送りたい場合は、「管理者だけに表示」にチェックを入れてください。