認知されなかった子供の相続権〜婚外子の死後認知〜


全ての子供が親に愛されて生まれてきてほしいものですが、様々な事情でそうでは無い場合も多くあります。そのため親に、特に父親に認知されていないという人も多く存在します。特に婚姻関係にある女性が生んだ子供は、配偶者の子供として自動的に認知されますが、婚姻関係が無い場合は父親に認知してもらわなければならないため、誠意の無い人物が父親だった場合は大変です。

こうした認知の問題は相続とも関わりが深く、できれば生前のうちに決着をつけておきたいテーマですが、残念ながらそうもいか無い場合もあります。認知をめぐる争い、特に死後認知について見ていきましょう。

嫡出子と同等の権利をもつ非嫡出子、ポイントは認知

婚姻関係にある男女の間に生まれた子供を嫡出子、婚姻関係に無い男女の間で生まれた子供は非嫡出子と呼ばれます。そして嫡出子の場合、自動的な母親の配偶者が父親となりますが、非嫡出子の場合は父親が認知届を提出した場合のみ、父子間の親子関係が認められることになるのです。(母子に関しては分娩の事実があるため、親子関係は問題になりません。)

非嫡出子には父親が既に家庭を持っていて、不倫相手との間に子供が生まれる場合もありますし、婚姻関係に無い男女に子供が生まれる場合もあります。そしてどちらの場合も、父親からの認知が問題となります。認知があって初めて、子に養育や相続など様々な権利が認められるからです。
(夫婦間の子供は、仮にその子が父親の子で無いとしても、自動的に夫の子として扱われます。出生に疑問がある場合、父親は出産から1年以内に手続きをしなければなりません。)

なお2013年12月に民法が改正されるまで、非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1でしたが、最高裁が法の下の平等に反するとして違憲判断を示したため、現在非嫡出と嫡出子の法定相続分は同じになっています。

認知されていない場合は、どうすれば良いのか?

婚姻関係外間の父子関係の場合、父親が子の認知をしてくれれば、法律的な権利においては特に問題ありません。父親に養育義務が発生しますし、相続権も得られるからです。
(ただし養育義務に関しては、裁判所が認定する養育費が低すぎる、また養育費の不払いに対して罰則が無いなどの問題が指摘されています。)

全ての人はすんなり認知をしてくれるとは限りません。向こうがそれを認めなかった場合に、認知の請求方法を見てみましょう。

生前の認知の請求方法

まず、生前の認知の請求方法ですが民法では、父親が認知をしてくれない場合、子自身や子が未成年場合、その母親が認知の訴えを提起できると定められています。
なおその場合父親を対象にまず家庭裁判所に対して認知調停に関する申立てを行います。そして調停でもまとまらなかった場合、家庭裁判所に対して認知を求める裁判を提起する事になります。

死後認知の請求方法

認知の請求は、父の死後でも3年以内であれば可能です。なおこの場合既に父親がいないため、父親を対象に調停や裁判をすることはできません。そこで、公益の代表者である検察官を相手方として訴えを提起します。
ただ、もちろん個人としては無関係である検察官は何も事情が分かりません。そのため裁判では「不知」という答弁になります。そして、利害関係者である父の配偶者や子などの相続人に、訟が係属したことが通知され、相続人が「補助参加」という形態で訴訟に加わってきます。

死後認知では証拠集めに苦労する

認知をめぐる裁判の進め方ですが、他の裁判と同様証拠の確認が重要であり、特にDNA鑑定が重要視されています。鑑定の結果父子関係が認められれば、裁判所も基本的にその結果をそのまま認めてきます。

そして逆に言えば、DNA鑑定ができないとなかなか裁判が進みません。そのため生前であれば父親がDNA鑑定を拒んだ場合が問題になりますし、死後認知を巡る争いでは父親の検体をどう入手するかが問題になります(もし検体が見つかっても、その検体が確かにその人物のものかがまた問題になります)。
そのため、死後認知の場合では異母兄弟姉妹が協力的な場合、彼ら彼女らとDNA鑑定を行う方法が採用されますが、これも異母兄弟姉妹に拒まれた場合どうしようもありません。

そのため、実際の裁判では父とされる人物と子の間に血液型などの矛盾が無い前提のもと、父とされる人と母との出会いや妊娠などに至った記録(写真や日記など)を元に裁判が進み、それによってDNA鑑定がなくとも父子関係が立証される場合があります。

ただ、何れにしても禍根を残しかねないので、こうした問題は父親が責任を持って生前に決着をつけるべきでしょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。
※運営者にのみメッセージを送りたい場合は、「管理者だけに表示」にチェックを入れてください。