旅行の早期予約を助けるキャンセル保険の活用


年末年始やお盆、GWなど長期休暇の時期には国内・海外問わず旅行の計画を立てる場合が多いでしょう。
でも、様々な理由で旅行をキャンセルしなければならなくなることもあります。

そんな時、直前のキャンセルだとせっかくの旅行が取りやめになるだけでなく、キャンセル料まで負担しなければならない事が大きな負担でした。

しかし最近は、旅行をキャンセルした場合のキャンセル料に備える保険が登場したので、利用することでキャンセル料の負担に備えることができます。

旅行のキャンセル保険とは?

忙しいビジネスパーソンの方にとって、旅行は心身のリフレッシュや家族・恋人・仲間との絆を深める大切な時間です。
しかし、自分自身や近親者の入院などの体調不良、また天候不良や最近は旅行先でのテロ事件など情勢不安などが理由でキャンセルせざる得ない事態もあり得ます。

そこで問題になるのが旅行のキャンセル料で、特に最近は格安航空や格安プランなどを使った場合、申し込み時点で以後のキャンセルは必ずキャンセル料が発生するものなどもあり、困ってしまいます。

そんなときに加入していると助かるのが旅行のキャンセル保険で、旅行代金の2%〜7%の保険料を事前に支払うことで、キャンセル料の半額、または全額分の保険金を受け取れる保険があるのです。

キャンセル保険の適用範囲

なお、補償対象となるキャンセル事由の範囲は、申し込む保険の内容によって異なります。
当然カバーされる事由が多いほど保険料も高くなるので、申し込みの前に保険の内容をよく確認し、自分に合ったものを選びましょう。

なお、保険でカバーされる主な事由は下記になります。
・旅行者やその家族の死亡・入院・通院
・交通機関の遅延や運休
・渡航先でのテロや天災

その他に、保険によっては下記のような事由もカバーされる場合があります。
・犬や猫などペットの入院
・急な出張など仕事上の理由

キャンセル保険の申し込み方

キャンセル保険の申し込み方ですが、旅行代理店によってはツアーのオプションにキャンセル保険がある場合があります。
その保険の内容で問題無ければ、オプションとしてつけるだけで構いません。

また、オプションにキャンセル保険が無かったり、あっても満足のいく内容ではなかった場合、自分で申し込むことも可能です。
例えばメッセージサービスのLINEなども、代理店と提携してキャンセル保険の取り扱いを行っており、クレジットカードの決済で誰でも申し込みことが可能です。

https://www.travel.co.jp/insurance/cxl/

キャンセル保険の費用

キャンセル保険の費用ですが、補償内容に応じて1000円〜というものや、旅行代金の2%〜7%といったものが主流です。

主なキャンセル保険

最後に、主なキャンセル保険の内容を見ていきます。

トリップキャンセル

https://www.ticketguard.jp/

引き受け先は、AWPチケットガード少額短期保険です。
旅行代理店のオプションという形ではなく、独自で申し込み可能な保険です。ただし、申し込みきは旅行の申し込みから5日いないの

例えば50%補償のプランで旅行代金50,000円・保険金額25,000円の場合、保険料は830円となります。また、100%の補償プランで500,000円の保険だと保険料は13,700円となります。

LINEのキャンセル保険も、この保険となります。

旅のキャンセル保険

http://chubb.mediaroom.com/news-releases?item=125123
Chubb損害保険株式会社の提供するキャンセル保険で、基本的にツアーを申し込む時のオプションとして申し込むものです。
そしてその際に、購入する旅行商品は「企画旅行等」「航空券等」「宿泊」「レンタカー」の4区分に分類され、それぞれの区分ごとに2%~7%程度の保険料を納めます。

キャンセルサポート

https://www.his-j.com/service/hoken/cancel/index.html

HISのキャンセルサポートになります。
契約時だけではなく、出発の3日前まで申し込み可能というのが嬉しいでしょう。もちろん、HISで購入した旅行商品限定です。
料金プランがわかりやすく、
A 保険料1,000円 保険金額10万円
B 保険料2,000円 保険金額20万円
C 保険料3,000円 保険金額30万円
の3つのみとなります。

そらもよう

https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/insurance/

航空会社もキャンセル保険の販売を開始しており、保険ビジネスで儲けようというよりは、キャンセルの不安を軽減して利用促進を狙っているのかもしれません。
ANAのキャンセル保険「そらもよう」では、その名の通り悪天候による欠航のおそれ等の事由でご予約を取り消し・払い戻しした場合の取消手数料および払戻手数料や、悪天候等により搭乗予定便が欠航または大幅な遅延となった場合等の追加費用を補償する保険です。

保険料は運賃額によって分けられており、数百円から最大で二千円強となります。

旅行サービスは早期の申し込みほど安くなりやすいので、数%のキャンセル保険をつけて早め早めに予約するというのが今後は一般的になるかもしれません。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。
※運営者にのみメッセージを送りたい場合は、「管理者だけに表示」にチェックを入れてください。