シニア世代になってからのマンション購入


シニア世代になった時に、どのような居住の形態をとるのかは頭の痛い問題です。現役時代に一戸建てやマンションを購入したとしても、悩みは尽きません。
一戸建ての場合は郊外のことが多いので、車を中心とした郊外の生活に、加齢と共に不便を感じ、都心とは言わなくとも駅前の暮らしやすい立地への住み替えを希望することがあります。また、今の家に住み続けるにもリフォームが必要な場合が多いでしょう。

今回は、シニア世代になってからマンションを購入することについてみていきたいと思います。

シニア世代がマンションに居住するメリット

シニア世代になってから、マンションの購入を希望するニーズは割と多く存在します。多いのは、これまで賃貸に暮らしていたけれど、加齢による賃貸契約の難しさ(審査の難化)を懸念して購入に踏み切るパターンと、郊外の一戸建てから駅前や都心のアクセスの良いマンションへ住み替えるために購入するパターンです。

賃貸からの購入は、契約自体が難しくなるので止むを得ない理由なのですが、一戸建てからの住み替えには、マンションを希望する明確なニーズやメリットが存在します。

維持管理の楽さ

マンション暮らしのメリットは多々ありますが、代表的なものはこの維持管理が楽であることでしょう。基本的に建物補修や修繕、設備の更新に関することはマンション管理組合が請け負ってくれますので、ある程度はそこへの参加も必要になりますが、一戸建ての時のように自分一人で(家族だけで)責任を持たなくても良くなります。

また一戸建ての場合、庭付きの建物が多くその管理も歳を取ると大変になってくるのですが、そうした負担もありません。
共用スペースの掃除などは、管理組合が契約した業者が請け負ってくれることが多いです。もちろんその分費用も組合費の形でかかりますが、一戸建ての場合よりも規模の経済が働くので割安です。

セキュリティーの高さ

また、オートロックやフロントに人が常駐しているマンションであれば、セキュリティーも一戸建てより遥かに向上します。シニア世代を狙った強盗や空き巣などから身を守ることに繋がります。

また訪問販売などの業者もオートロックのマンションには入りづらいので、シニア世代を狙った詐欺などからも自分を守りやすくなります。

アクセスの良さ

また、これはマンションか戸建てかと言うよりも立地の問題ですが、アクセスの良さも重要です。そして駅前や都心部のアクセスの良いところに一戸建てを購入するのは難しいので、必然的にマンションが選択肢となるでしょう。

近年はシニア世代の自動車運転に対して、一定の年齢を境とした危険性が声高に指摘されています。自分自身のために、また見ず知らずの人を巻き込んでしまうことの無いよう、自動車免許の返納をされる方もいますが、そうすると今後の生活の足に不自由してしまいます。
しかし今の住まいのアクセスが良ければ、この点での心配は要りません。

生活資金を含めたフィナンシャルプランニング

シニア世代になってからのマンションを購入では、資金問題をどうするのかが現役世代以上に課題になってきます。シニア世代ではローンを組むことは難しいので、今の手元資産で購入するしか手はありません。
そこで資金に余裕があれば良いですが、どの程度の金額のマンションを購入するのかは悩むところでしょう。

一番のポイントは、手元資産と年金や相続財産など今後入ってくる予定の財産を正しく計算し、今後の生活費の目算も立てた上で捻出可能な資金を正確に把握することです。
特に以下のような項目が主な支出項目となります。

・食費や日用品などの生活費
・これからの生活で大切にしたい遊興費
・病気やケガの際必要な医療費
・介護が必要になった際の介護費用
・家族に遺したい資産

高齢者専用の分譲マンションも登場

なお、最近は高齢者専用の分譲マンションも登場してきました。
一般の分譲マンションに比較して、医療や介護、アクティビティのサービスが充実しており、健康や介護に不安を抱えるシニア世代の悩みに応えたマンションと言えます。

価格も億ションクラスのものがある一方、一般的なマンションの相場と変わらないものがあります。ただ、サービス提供をおこなためのオーナーズクラブの入会金や会費が必要な場合が多いので、その辺りは物件ごとによく確認をしましょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。
※運営者にのみメッセージを送りたい場合は、「管理者だけに表示」にチェックを入れてください。