相続用語集:生命保険

生命保険

人間の生命を保障するための保険で、指定の人間の死亡の場合に保険者が受取人に保険金を渡す保険。万が一の事故や病気で死亡してしまった場合に家族の生活を支える目的や、あるいは会社経営者などが自分に万が一のことが起きた際に、混乱するであろう会社の経営を保全する目的での加入が一般的。

ただし、生命保険の保険金は相続の発生時に600万円までは非課税措置があるため、相続対策としても活用される。
また、法人契約の保険の一部は掛け金を全損、もしくは半損処理が可能であり、かけた保険金が返戻金などの形で返ってくることを見越してタックスプランニングにも活用させる。