相続用語集:遺産の分割

遺産の分割

被相続人の遺した相続財産を、その相続人の間で誰がどの財産を受け継ぐのかを決め、分割する行為を指します。
また、より厳密にいうと通常相続が開始したのち(相続の発生を知った日の翌月から3ヶ月経過したのち)、相続放棄も限定承認も行わなければ、相続人は遺産の相続を単純承認したことになります。そうしますと自動的に、被相続人が死亡時に所有していた全ての財産を相続人が相続分に応じて共有した状態になります。この共有状態を解消し、各々の相続人に財産を帰属せしめる行為を遺産分割といいます。