相続用語集:遺産分割協議

遺産分割協議

そもそも遺産分割の方法は2つしかありません。被相続人の遺言に従って分割をするか、遺産分割協議を行うかです。遺言がない、あるいは遺言があっても相続人全員が遺言通りの相続を望まない場合があります。その場合に、相続人同士でどのように遺産分割を行うのかを決める話し合いが行われますが、それを遺産分割協議と呼びます。
なお、遺産分割協議は相続人全員の参加と合意がなければ成り立ちません。そして、一度合意に達した遺産分割協議はやり直しを主張しても認められませんので注意が必要です。
また、相続人の中に未成年者がいる場合は、親権者以外の特別代理人を選任する必要があります。一般的には未成年者の財産管理は親権者が行います。しかし、遺産分割は親権者が利益相反者になる可能性があるため、親権者は代理人になれません。