ブランドマンションへの投資の是非を考える


特に高額所得者の方が不動産投資を始めようとした時は、資産に余裕があるため大手不動産会社が開発を行うブランドマンションへの投資を検討される方も多いのではないでしょうか。
ブランドマンションへの投資は知名度の高さによる安心感がありますし、不動産投資はいずれにしても大金を払って購入するものなので、どうせなら感性的にも自分好みに合う物件へ投資をしたいという気持ちもあるでしょう。ご自身がブランドマンションなど設備やセキュリティーがしっかりしたマンションに暮らしている場合、いくら市場的に需要があると言われても、いわゆる狭小アパートやボロアパートへの投資は(もちろん人によりますが)躊躇してしまいがちです。

しかし、表面的な安心感や顧客視点ではなく自分の居住視点での不動産投資が必ずしも成功するとは限りません。
そこでここでは、ブランドマンションへの投資の是非をきちんと見ていきましょう。

そもそもブランドマンションとは何か

そもそもブランドマンションとは何かなのですが、ブランドマンションという正式名称があるわけではありません。しかしただ六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズのような有名マンション、また三菱地所系や三井不動産系などの大手不動産会社が手がけるシリーズなどがそれにあたります。

代表的なものとしましては三菱地所レジデンタルの「パークハウス」、三井不動産レジデンタルの「パークホームズ」や「パークコート」、また野村不動産の「プラウド」などが有名です(もちろんこの他にも多くのブランドマンションが存在します)。
こうしたブランドマンションの特徴ですが、その多くが近年建設されました。それというのも1990年代からの大手企業の中国・アジア進出によって都内の一等地にあった工場などが閉鎖され、広大な土地が近年一気に放出されたからです。こうした工場跡地に地域と一体になって開発されたブランドマンションがたくさんあります。

当然ブランドマンションと言われるくらいですので価格が高く、それに見合うだけの外観や内装の美しさ、設備の充実性、立地の利便性や安全性、常駐の警備やコンシェルジュなどが備わっているのが特徴です。

ブランドマンションへ投資をすることのメリット

ブランドマンションへ投資をすることのメリットを見ていきましょう。

信頼性・安全性

各不動産ディベロッパーが全力を挙げて取り組むブランドマンションは品質が高く、安全性が高いという信頼感が得られます。近年自然災害が多く発生していますが、こうした災害に強いのはもちろん、万が一工事の不備などがあった場合にも大手企業はバックにあるのできちんとした保障がなされることが多く、投資をしたのに物件ごとダメになってしまったというようなことにはまずなりません。

実際の事例としては、2015年に話題になった三井不動産レジデンシャルが売り出していた「パークシティLaLa横浜」の耐震不備とそれに対する三井不動産レジデンシャルの補償が有名です。
パークシティLaLa横浜は2007年11月に完成した分譲マンションなのですが、複数の住人から「西棟と中央棟をつなぐ渡り廊下の手すり部分が2cmほどずれている」という苦情が寄せられるようになり、三井不動産レジデンシャルが調査を実施、その結果虚偽データに基づいた工事が行われ、複数の杭が地中の強固な地盤に届いておらず建物が傾いている不祥事が発覚しました。当然、耐震性にも大きく問題が生じています。

この件に関してマンション管理組合は全館建替えを希望し、三井不動産レジデンシャルはそれを了承します。また建替え費用を三井不動産レジデンシャルが支払うのは当然として、建替え期間中の住宅の家賃は上限が1坪あたり1万2000円(30万円程度の家賃補償を受ける人が多い)まで補償し、引越し代の実費、その他には諸経費として40万円、慰謝料として全戸一律300万円なども負担しました。
販売主が大企業だからこそできる手厚い補償と言えるでしょう。

資産価値

またブランドマンションの大きなメリットとして資産価値が高く、さらにそれが下がりにくいこともあげられます。外国人投資家が国内の不動産に投資を行う際にも、高級物件が選好されることもあって、特に近年はその価値が上がっています。つまり売却の際も売りやすく、金融機関からローンを組む際の担保としての評価も高くなります。

空室の発生が少ない

これは景況感や家賃設定にもよりますので一概には言えませんが、現在のような好景気の環境下では、ブランドマンションは賃貸物件としても人気が高く空室発生リスクが低いです。

ブランドマンションへ投資をすることのデメリット

一方ブランドマンションへ投資をすることのデメリットですが、一番大きなものは利回りの低さでしょう。今は期待利回りで2%〜4%ほどであり、お世辞にも高い利回りとは言えません。
そのためブランドマンションへ投資を行うのであれば、長い目で見て回収する形でも問題がないかや、本業での所得を継続して得ていける見込みがあることなどが重要なポイントになります。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。
※運営者にのみメッセージを送りたい場合は、「管理者だけに表示」にチェックを入れてください。